ユーザーガイド

AMY INSIGHT サビ検知

42 20200616 42

鉄塔点検で撮影した画像からサビを検知するAI解析ツールです。

サービスには「モノクロ」「カラー」の異なる二種類があり、サービス利用時にどちらかを選択いただきます。これら二つは解析結果として表示される画像の種類が異なります。

 

解析結果は、「画像ビューワー」上で元画像とともに表示・比較することができます。
解析結果は、サビのレベル別で表示されます。レベルはRed:High, Orange:Middle, Yellow:Lowの三段階で表されます。

・Yellow:錆が表面に薄く発生し始めたと思われる状態
・Orange:錆の進行が進んできたと思われる状態
・Red:錆が明確に発生していると思われる状態

 

撮影画像1枚あたり60円の有償サービスです。
本サービスは非保証となります。詳細はdocomo sky利用規約:第19条をご確認ください。

《解析に利用する画像ファイルについて》

・推奨画像解像度:1,920×1,080(フルHD)以上

※推奨画像解像度以下でも解析は可能です。

・画像ファイルフォーマット: jpg形式のみ

 

《解析にかかる処理時間の目安》

・画像解像度 3,840×2,160(4K)の静止画1枚:約50秒~60秒

※画像解像度 7,680×4,320(8K)などのさらに大きな解像度の場合、解析処理時間は1枚あたり3~5分程度かかることがございます

※ブラウザを複数立ち上げて同時処理を行うと、解析処理時間が長くなる可能性がございますのでご注意ください。

※画像解像度、ファイルサイズが大きな画像の場合、解析処理に非常に時間がかかる可能性がございます。

 

《撮影時の注意》

・晴天、明るい曇天の日中帯、無風状態が撮影には最適な環境です

・対象物の背景に、対象物に似た建造物が写り込まないような撮影位置・向きから開始してください

・逆光、白飛びを防ぐために、撮影飛行前に対象物表面が最もはっきり見えるようなにカメラの補正を行なってください

・撮影飛行時は、対象物の最大幅部分(根本の開き、または上部のプラットフォーム)が画面にほぼいっぱいになる位置から開始し、その場から垂直に上昇してください

・ブレやピントボケの無いように速度調整や滞空を行い撮影してください

 

※docomo sky利用ユーザ様向けに提供している鉄塔点検アプリ(高層建造物点検用)をご利用いただくと点検・解析に適した均等な感覚で撮影が行えます。鉄塔点検アプリ(高層建造物点検用)の詳細はこちらをご参照ください。