ユーザーガイド

ライブ配信アプリ

47 20200608 47

アプリを利用して、ドローンで撮影する映像をその場で確認することができます

■アプリの起動

送信機と受信端末を接続するとダイアログが表示されます。
表示される項目を選択し、アプリを起動します。

■アプリへログイン

アプリを起動し、ユーザーのログインを行います。

 

※web版docomo sky Cloudのログインと異なるため再度ログインが必要です

■メニュー画面

飛行:ドローンを飛行させて撮影を行います

 

アプリと機体が正常に接続されているとアイコンはグリーンに表示されます(①)
※アイコンが点灯しない、「接続不能」と表示された場合は接続を再確認してください

②をタップすると画面右側よりメニュー(③)が表示されます

 

設定:機体の設定数値変更が可能

ログを送信:アプリに蓄積されたログ情報をdocomo sky Cloudへ送信する

■エリアの選択

ライブ配信を行うサイト、エリアを選択します
サイトに属するエリアはプルダウンで表示されるので、該当のエリアを選択します。

◼️フライトの選択

作成済みのフライト情報をコピーしてフライトを作成することができます。

フライトを選択しない場合は入力をせず「OK」をタップします。

 

フライト情報のコピーを行う場合は

チェックボックスにチェックを入れ、フライトをプルダウンから選択します。

◼️フライト情報の入力

フライトプランを作成します。

フライトプランをコピーした場合にはコピーした内容が表示されます。

 

「次へ」をクリックするとフライトプランが作成されます。

■飛行前チェック

飛行前のチェックを実施します。
フライト前に確認を行い、項目にチェックを入れます。
確認が完了したら「START」をクリックするとフライト画面に進みます。

 

機体と送信機が正常に接続された状態で、アプリの機能により設定された項目は最初からチェックがついた状態になります。

 

「2回目以降の飛行」にチェックを入れると、2回目の飛行時に省略可能な項目がチェックされた状態になります。

 モーターを起動し離陸 
     ▽   
 撮影ポイントまで移動 
     ▽   
 手動飛行による撮影 
     ▽   
 着陸ポイントまで移動 
     ▽   
 着陸しモーターを停止 
 

■フライトの流れ

実際にドローンを飛行させます。

飛行の流れを確認し、撮影を行います。

◼️ライブ配信

「ライブ配信ボタン」をタップして配信を開始します。

 

ライブ配信中に「ライブ配信ボタン」をタップすると中断し、もう一度タップすると再開します。

 

※ライブ配信が可能になるまで数分待ちます

配信可能になるとライブ配信ボタンの点滅が止まります